万馬券的中サイト紹介!

【サイト名】
リーク馬券
【2016年4月3日 中山11R】
ダービー卿CTで3連単 2,491,440円 的中!!

リーク馬券

<リーク馬券の特長>
●会員登録無料!
●週末には無料で買い目を提供!
●他では手に入らない独自情報!
早速登録!!⇒リーク馬券

【紹介している予想サイトについて】
当サイトで紹介している競馬予想サイトは口コミサイトで安全性が確認されたものを、管理人の独自の基準で評価し紹介しております。下記のサイトは、予想サイトの検証も行っています、ぜひご覧ください。
競馬予想サイトの検証!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月29日のクイーンSは不的中でしたが、今週の小倉記念はしっかりと当てに行きます

もともとは月曜に書く予定だったのですが、何かと忙しい状態であった為、水曜に更新という形となってしまいました。
スミマセン・・・。

さて、先週のクイーンSの結果なんですが、アイムユアーズとミッドサマーフェアの2頭軸jで買っていたのはよかったのですが、2着馬のラブフールが入っていなかった為、不的中となってしまいました。
スミマセン・・・・。

気を取り直して、今週の小倉記念から見ていきたいと思います。

 

前走に関する傾向
前走レース別傾向
前走レース名着別度数勝率連対率複勝率
新潟大賞典2-2-0-050.00%100.00%100.00%
北九州記念2-1-1-1510.50%15.80%21.10%
七夕賞1-3-0-233.70%14.80%14.80%
九州スポーツ杯1-1-0-225.00%50.00%50.00%
マーメイドS1-0-0-712.50%12.50%12.50%
目黒記念1-0-0-150.00%50.00%50.00%
日経新春杯1-0-0-0100.00%100.00%100.00%
安田記念1-0-0-0100.00%100.00%100.00%
博多S0-1-2-50.00%12.50%37.50%
オーストラリアT0-1-0-10.00%50.00%50.00%
フィリピンT0-1-0-00.00%100.00%100.00%
米子S0-0-2-40.00%0.00%33.30%
関屋記念0-0-1-40.00%0.00%20.00%
サマーS0-0-1-30.00%0.00%25.00%
宝塚記念0-0-1-20.00%0.00%33.30%
三木特別0-0-1-00.00%0.00%100.00%
関越S0-0-1-00.00%0.00%100.00%
前走距離別傾向
前走距離着別度数勝率連対率複勝率
1600m1-0-3-97.70%7.70%30.80%
1800m2-3-6-483.40%8.50%18.60%
2000m5-7-0-508.10%19.40%19.40%
2200m0-0-1-20.00%0.00%33.30%
2400m1-0-0-150.00%50.00%50.00%
2500m1-0-0-150.00%50.00%50.00%
前走クラス別傾向
前走距離着別度数勝率連対率複勝率
500万下0-0-0-00.00%0.00%0.00%
1000万下1-2-1-88.30%25.00%33.30%
1600万下0-1-3-170.00%4.80%19.00%
OPEN特別0-1-3-170.00%4.80%19.00%
G3レース6-6-2-647.70%15.40%17.90%
G2レース2-0-0-625.00%25.00%25.00%
G1レース1-0-1-225.00%25.00%50.00%
前走着順別傾向
前走距離着別度数勝率連対率複勝率
前走1着3-3-2-1811.50%23.10%30.80%
前走2着3-0-2-823.10%23.10%38.50%
前走3着1-3-1-87.70%30.80%38.50%
前走4着0-0-1-80.00%0.00%11.10%
前走5着0-1-0-70.00%12.50%12.50%
前走6~9着0-1-4-240.00%3.40%17.20%
前走10着~3-2-0-426.40%10.60%10.60%

 

前走レース名を見てもピンと来ない部分が結構あるのですが、その他の傾向を見てわかった事としては、

「前走が芝の中距離戦線だった馬が優勢」
「前走もG3競走だった馬が中心となるが、降級戦となる馬にも注意」
「前競走において上位入線した馬が狙い目ではあるものの、大敗した馬には要注意」

といったところでしょうか・・・。

脚質に関する傾向
どの競馬場でも共通して言えることだと思います。
開幕週は「逃げ・先行有利」もしくは「先行・差し有利」のどちらかになるのですが、過去10年の小倉記念の脚質別傾向を見てみると、以下のようになっています。
脚質別傾向
脚質名着別度数勝率連対率複勝率
逃げ0-1-0-110.00%8.30%8.30%
先行3-4-5-219.10%21.20%36.40%
差し5-2-4-458.90%12.50%19.60%
追い込み1-2-1-382.40%7.10%9.50%
マクリ1-1-0-050.00%100.00%100.00%
この内容と見てみる限りでは、「先行・差し有利」という事が伺えるのではないかと思います。
ただ、マクリを得意とする馬には警戒しておいた方がよさそうですね。
枠順に関する傾向
小倉競馬場は坂の無い平坦なコースである為、枠順による有利不利はなさそうですが、実際に2002年からの傾向を見てみると、以下のようになっています。
枠順別傾向
枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠0-1-2-110.00%7.10%21.40%
2枠2-0-1-1213.30%13.30%20.00%
3枠1-1-1-136.30%12.50%18.80%
4枠0-2-1-140.00%11.80%17.60%
5枠2-2-1-1211.80%23.50%29.40%
6枠0-3-0-170.00%15.00%15.00%
7枠1-1-3-184.30%8.70%21.70%
8枠4-0-1-1817.40%17.40%21.70%
どの枠からも優勝馬・連対馬は出ているようではありますが、勝率などを見てみると、他の馬を見ながら競馬が出来る大外枠が一番有利なのではないかといった推測を立てることが出来そうですね。
斤量に関する傾向
ハンデ戦における共通する傾向として、「トップハンデ気味の馬が優勢」といったものや、「ハンデ戦における軽ハンデ馬は期待できない」といったものがあるかと思いますが、実際に過去10年の内容を見てみると、以下のようになっています。
斤量別傾向
斤量着別度数勝率連対率複勝率
~49kg0-0-0-20.00%0.00%0.00%
49.5~51kg0-0-0-110.00%0.00%0.00%
51.5~53kg2-0-5-256.30%6.30%21.90%
53.5~55kg3-5-3-455.40%14.30%19.60%
55.5~57kg4-4-2-2411.80%23.50%29.40%
57.5~59kg1-1-0-612.50%25.00%25.00%
59.5~0-0-0-20.00%0.00%0.00%
この内容を見てみると、「55.5~57kgの斤量を背負った馬が優勢」といった事が分かるかと思いますが、今回の出走予定メンバーで斤量58キロのナリタクリスタルにも注意はしておいた方が良いかもしれませんね。
種牡馬に関する傾向
ローカル開催における中距離戦線では、長距離血統が狙い目であるという内容の傾向があるかと思いますが、それを証明するものとして、2002年からの小倉芝2000mの種牡馬傾向をまとめてみました。
種牡馬別傾向
種牡馬着別度数勝率連対率複勝率
ダンスインザダーク29-28-27-2538.60%16.90%24.90%
サンデーサイレンス25-16-9-14812.60%20.70%25.30%
ステイゴールド15-6-13-11110.30%14.50%23.40%
ジャングルポケット13-9-8-6813.30%22.40%30.60%
キングカメハメハ13-7-9-4717.10%26.30%38.20%
スペシャルウィーク12-7-8-1267.80%12.40%17.60%
アグネスタキオン11-14-13-928.50%19.20%29.20%
マンハッタンカフェ10-11-11-719.70%20.40%31.10%
フジキセキ9-8-16-1006.80%12.80%24.80%
シンボリクリスエス9-5-10-709.60%14.90%25.50%
上記の表を見てみると、サンデーサイレンス系の長距離血統が上位を占めているというのが分かりますが、オペラハウスなどの重鎮の長距離血統等にも警戒はしておいた方が良いかもしれません

 

 

ざっと見て上記のような感じになりましたが、出走メンバーが確定してから本格的に見ていきたいと思います。

 

 

【小倉記念】 穴馬情報配信中!!
2011年の小倉記念を制したイタリアンレッドは、前走の七夕賞(1着)と合わせて20ポイントを獲得し、同年の『サマー2000シリーズ』チャンピオンに輝いた。
2010年以前のサマー2000シリーズ王者5頭を見ても、この小倉記念でポイントを獲得していなかったのは2007年のユメノシルシ(不出走)だけ。優勝争いのカギを握る重要な一戦と言えるだろう。
なお、『サマー2000シリーズ』が開催されるようになった2006年以降、単勝1番人気馬は〔0・2・1・3〕と苦戦気味で、2009年には単勝16番人気のダンスアジョイが優勝を果たすなど、波乱の決着が続いている。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

トラックワード
ソーシャルボタン
イチオシ!サイト
リンク①

競馬

人気ブログランキングへ

競馬ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬予想D 他の競馬予想も見る

競馬クチコミサイト

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

My Yahoo!に追加

リンク②
RSSリンクの表示
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。